劇団「凸劇自遊時間」の劇団員によるブログ!
くだらないけど いい話。
そんな劇団のそんなメンバーの日常をお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 稽古帰り | main | 詳細発表!! >>
軌跡
ヤスです。


大層なタイトルでスタートしましたが、とうとう始まってしまいます。

誰一人として待ち望んでいなかったこの企画。

凸で誰よりもネガティブな男の、ザ・後ろ向き日記


まぁちょっと過去の公演のことを振り返ってみようというただそれだけなんですけどね。


長い人生に比べたらほんの少しの間だったのかもしれないですけど公演からも芝居からも遠ざかってしまいましたからね。

次回公演へのモチベーションを高めるためにも敢えて過去の公演を僕視点で振り返ってみようかと思いますー。



さーて、どの公演にし・よ・う・か・な。

やっぱり一番最近のところからにしておきましょう!



120212_0130~01.JPG



2010年8月「LOSE」

一番最近がもう一年半も前ですか…。もう既にちょっと懐かしい感じですね。


この時の出演者は13人。


何気に過去最高の出演人数だったんですよ。


この時はその2つ前「JACK」の続編ということで当時の役者が全員揃ったというだけでも演じる側としては嬉しかったですね。


緊迫した空気やカジノを舞台にした駆け引きなんかがどこかスタイリッシュな感じの公演だったなー。


あ、もちろん凸らしい身体表現もたくさん盛り込みましたね。

ルーレットの台とかマッスルスロットとか貧弱スロットとか。



僕個人が印象的だったのは…銃を向けたくない相手に銃を向ける瞬間ですね。

本気じゃない、だけどそうでもしないといけない追い込まれた心情。

上手く表現出来たのかはわからないけど、ドキドキして身体中に嫌な汗をかいたことははっきり覚えてます。


そして印象深かった台詞は、


三川氏の「俺、全力で人生守りに入ってるから」と、
マッスルこばしさんの一番最後の映像の台詞、超人ですから」。


守るだの超人だの、キン肉マンか!?ってな感じですが、どちらもホントかなりぐっときたんすよ。いやホント。



まぁそんなわけで、ざっくりと過去を振り返ってみたわけですが、気づけば深夜2時ですよ。
書いてるうちにどんどん当時のエピソードを思い出してきて一人テンション上がって来ましたが、きりがないので今日はこの辺で。



これからちょいちょいこんな根暗日記も挟んでいきますよ!


Posted by : sekii | sekiiのつぶやき | 01:39 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 01:39 | - | -
コメント









TOP