劇団「凸劇自遊時間」の劇団員によるブログ!
くだらないけど いい話。
そんな劇団のそんなメンバーの日常をお届けします
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 連日稽古中 | main | 軌跡6 >>
軌跡5
ヤスです。


いやいや若干サボりがちになってきちゃいましたね。


気づけば本番まで残り2週間!

実質稽古が出来るのはあと10日!


ひぃー、ここからは怒涛の追い込みですよ。
睡眠時間がどんどん短くなりそうです。



さぁーて、本日は例のヤツいっちゃいますよ。

もうここまで続けてきたからには後には引けません。

まだまだ僕の知っている過去公演はいっぱいありまっせ!


ザ・後ろ向き日記!

第5弾、どーんっ!


120310_0222~01.JPG


2007年6月「ファルシード」!


凸劇初のいつもとちょっと違うプロデュース公演です。


何が違ってたかと言うと、このファルシードという作品、なんと初演は1996年!


脚本・つるたけんぞお
    ×
演出・三川克久


そう、以前別の劇団「HEAVENS OPEN邂」さんが公演した脚本を凸劇風にバージョンアップさせての公演!


お話の題材は義賊や裁判といった、一見重たくも捉えられそうなもの。


いつもほぼ素舞台に近い凸ですが、この時は舞台もパイプを組んで高低差を出したり、ちょっとした仕掛けで途中から舞台中央に階段を出したりとこれまではやらなかったスタイル。


今ではすっかり凸常連となった鈴木雅康氏と秋山由奈氏もこの時が初出演なんですよねー。


うんうん、そりゃみんなもういい歳になるわな(笑)


ちなみに…


これは知る人ぞ知るマル秘エピソードですが、



この時の三川氏の役名は“ジャック”



この次の公演「カラフル」の時の三川氏の役名も“ジャック”


そしてその次の公演タイトルは「JACK」



………



どんだけぇ〜(死語)



凸劇にはひっそりと繋がっている部分があったりするわけですよ。


今回の公演にもきっといろいろあるはず。


凸劇通の方は是非劇場でその繋がりを探してみてねー。


Posted by : sekii | sekiiのつぶやき | 02:24 | comments(0) | -
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 02:24 | - | -
コメント









TOP